最新の投稿

2021→2022

2021年12月

今年植えた和綿を刈り取り、初めてヨガのインスタライブを開催、親戚から譲り受けた黒の絽の着物を裏地に喪服用のコートを仕立てていただき、そのコートを着て父を偲ぶ会に参りました。
たった1ヶ月前の出来ことなのに遠いことのように思います。

2021年
身近で大事な人が弱っていくことで起きる様々なこと、大事な人が旅立って起きる様々なこと起きてみないとわからないことがたくさんあり、待ったなしでした。
気分がバラバラで他者を思いやることも、身近な人を尊重することもできない余裕のない年でもありました。
もっともっと色々な角度から検証して最善を尽くせなかったのだろうかと悔いてもいますが、自らが経験し学びを積み重ねた上にそれらが反映されていくのでその時の自分にはやはりそれが最善だった。いくら悔いても何も戻ってこない、時間を巻き返せないことを身をもって知りました。

「何が起きても大丈夫な自分にしておく」
ウィリアムレーネンと言うおじいさんが繰り返していた言葉が今更ながら何度も思い出されます。なんのことやらわからないけど気になる言葉だったので何度となくそのことについて考えていました。そのような自分にしておくには経験を積んで必要な学びをしていくことが大事。その時の自分以上や自分以外のものは出てこないのだから・・・・。

ぼーっと生きているんじゃねーよとチコちゃんに叱られた気分です。

自分のできる最善のレベルを上げていく。すぐ忘れてしまう。けれど何度もやるしかないです。

ぼーっと生きてこさせてくれた全てに感謝して、これからはせめて自分と周りの大切な人を尊重し、目の前にあることを大事にしていけるように。

2022年

「和綿deキモノ」
7年目に突入する和綿栽培継続。2021年に摘んだ綿を自分で糸にします。葡萄やハーブも少しづつ。

「ヨガ/からだ」
経験したことを消化してどなたかの役に立つ機会が増えるよう精進します。

「キモノガタリ」
ゆるーくリメイクを増やし、活用について考えていきます。

「Te-kara-da-net」
公表する機会を持つことで思考を整理し凸凹ですが進んでるようなので続けていきます。

2022年皆様の思いが実現し、平和で幸せで健康な年でありますように。

どうしたら良いのかな?

ようやく秋らしくなってきました。皆様いかがお過ごしでしょうか?

畑にいくと、綿を整え、葡萄の枝を切り、元気な雑草を引っこ抜きあっという間に小1時間過ぎます。が・・・・。相変わらず雑草がびっしりと生えていて、夏に草を掻いていた場所のみかろうじて土が見えている有り様。この1ヶ月でその雑草も茶色く変化し枯れはじめました。

家のほうは先住の木を残して整える程度に作ってもらいましたが、やりとりは父がしていたので、そばにいながら父任せ。「これはこうした方がいいかな?」と聞かれても「いいねいいね」と適当に相槌を打っていました。父なき今、もっと聞いていればよかったと反省しつつ、近所の方に教えてもらいながら、手の伸びるところを剪定し、あとは伸び放題です。

毎日自転車で近所の畑や田んぼを回っているおじいちゃんがいます。背中は曲がっていて道スレスレに頭があるのにスタスタ歩いて田んぼの水路をきれいにしたり、雑草をまとめて焼いたりしているのを今日もお元気でよかったなぁと眺めるのが好きです。お見かけするといつも笑顔。引っ越しした時に「この松は俺が植えたんだ」とおっしゃっていました。
先日ゴミ出しに行ったらおじいちゃんが自転車で通りすぎたので挨拶しました。そしたら少し止まってゴミ出しをしている私を待っているご様子。「あれだな<ニコッ>庭の草取りした方がいいな<ニヤリ>」「ヒィーーーすみませんーーーー<笑笑>」と返事したらニコッとして自転車で去られました。

『ちょっとまずいぞ、そうだよね気になっていたんだよ。』とすぐさま庭の1メートルを越す雑草をバァッと引っこ抜きました。40リットル袋1つ分。そんな大した量ではないのですが、庭が整って綺麗にみえる。
『ありゃーおじいさん気になっていたんだろうなぁこれ。そうだよね。やる気を出して少し手を加えるだけでこんな変わるんだもんね・・・。』

近所をパトロールして、さっと気にかかることを声かけして相手にちっとも嫌な気持ちにさせない、自分はこのような声かけをできるのであろうか・・・。とおじいちゃんの偉大さをありがたく感じたのでした。ウチの松を植えたのはおじいちゃんと以前ご本人より聞きました。ということはおじいちゃんは植木屋さんで、若い人たちを指導し束ねてきたのではないかと推察しています。その方の育んできたもの。積み上げてきたもの。あの火の使い方や水路の整え方は毎年毎年手入れしてきた熟練の技。それでこの近所の田んぼや畑は綺麗なんだなぁ。小さくて偉大なおじいちゃんが毎日自転車で見て回って整えているんだな。

『どうしたらいいんだろうな』心の奥底でそう思っていました。
庭を作る時に何度も父が私に植えてある木の名前を全てメモっておけと言っていた、どうやって剪定したらいいか相談してくれていた。けれど全然聞いていなかった。いちいち呼ばないでと父を疎ましく思っていたあの時を後悔しながら庭を見ないようにしていた。そんな時の出来事でした。じいちゃんすごいっ。

じいちゃんは無免許で軽トラ運転したり相当なわるらしい・・・。

そして最近家庭用蒸留器を予約しました。少しだけを蒸留できる手軽で綺麗なものを探していたのでドンピシャ!手元に届いたら畑にあるもの片っ端から蒸留する予定です。楽しみっ

綿の収穫と葡萄をととのえる

9月は今までとは違う台風の通り過ぎ方、どう受け止めて良いかわからない事件、いろいろありました。

綿は大分の綿栽培仲間が「フェス」と言ってましたが、全国的に豊作なようです。台風後、枝や幹が乱れましたが、実は引き締まりしっかりと成長し、順調に弾けています。私の無知のせいでメイブ(葡萄)が迷走していますが、株式会社ショーナンさんのアドバイスにより横に伸びる枝を落として、真っ直ぐに伸びるように支柱を立てました。乞うご期待。

雑草の逞しさ、成長のはやさをしり、畑を美しく保つには相当の労力がいることを知りました。一見何もしていないように見える畑はものすごーーーーーーい手がかかっている。綿栽培を始めて、見える世界が変化しました。自分が生きてきた過去を本当にそんなことあったのかな?ってそれって自分だったのか?不思議に思う。劇的な変化はひとつもないけれど少しづつ変化してここまできたら円で別人になっている!?そんなことがあるのですね・・・・。
「米一粒を粗末にしてはいけない」と言われてもピンと来なかった私が今は心底、農家さんを尊敬し、感謝しています。

お借りしている畑は集落の墓地と接しており、お彼岸やお盆など、節目ごとに近所の方がお参りにいらしたり、毎日お掃除をされている様子を見てどんどんこの場所が好きになっています。生活の一部に死ぬことが含まれている。都市で一人で暮らし、会社勤めをしていた時には意識することがなかったけれど、今はちょっとした田舎に暮らし、年齢を重ね、自分がその営みの一部になりつつあることを実感しています。そういうふうにしたかったんだとも思います。
これがこうしたいという具体的なことは全く思い浮かんでいなかったけれど、生きることの手綱を握っていたいという気持ちはこのように自分を方向づけていくのだなぁとつくづく思うのでした。

お墓掃除する人や、野菜を作る人、ごみ収集場所を掃除している人、誰も語らない、見ていない小さな行いが、積み重なって今があると同じく、戦争、宗教問題、拉致や国葬などわかりやすい問題、そしてわかり憎い問題も山積みです、これらも我々の無関心が生み出してきたもの。目を向けてできることを積み上げていきたいです。

なんとなく正しい人なトピックスが多くなっていますが、腹を立てたり、忘れ物をしたり、むちゃまずいラーメンを作ったり、奮発して買った刺身が見つからず、通った道を探し回って落とし物登録した挙句疲れ果てて、不機嫌になり誰かにとられたとさえ思い、「命あっただけでもいいではないか」なんて大袈裟に自分をなだめた翌々日に車の中が生臭いと思ったら干からびた刺身が隅っこにあったとか、スッキリもさっぱりも美しくも正しくもないのが残念なところです。

またもや他人の手をかりる

「左肩が下がり首が前に出て顎が上がっている」自分の立ち姿を指摘されて驚きました。
自分の姿をこの数年ちゃんと見たことがありませんでした。
顎の下のシワシワ然り、他人に指摘されるまで気にしなかった。
ストレッチしてもよく眠っても体の彼方此方が痛い。

『そうだプロの手を借りよう!』と3年ぶりにロルフィングを受けに!!
「思っていることと行動がずれているとカラダがずれていくのよ。〜いろいろ省略〜よくがんばったねっ」と
たっぷり2時間の施術で、自分では気づかなかったいろいろを指摘いただいた。

台風後畑に行くと、たくさん和綿が倒れていました。1メートルまで育った和綿を捨てるのは寂しい。
『そうだ憧れのリースにしよう!』久しぶりに知り合いのお姉さんにお声かけしました。
「あっこれ使えるー」とその辺りに生えてるツルをガシッと掴みぐるっと巻いてかっこいいリースを作っていた彼女に教えてもらおうという魂胆!
1メートルほどに伸びた和綿を根っこからわっしゃわっしゃと丸くしてあっという間に巨大リースと、巨大スワッグを作ってくれました。

無駄になってしまっただろう和綿
傾いたままになっていただろうカラダ
捨てられていたか、箪笥の肥やしになっていただろう着物
皆様の力をお借りして日々なんとか過ごしているなぁと改めて・・・・。

父が亡くなってから1年がすぎ、2回目のお盆を迎えました。
台風の中だったので、迎え火も送り火も玄関でしましたが、父をいつもより身近に感じた数日間でした。
旅立つ3日前、夜遅くに帰ってきた私に「オィちょっとワインでも飲もうか?」と起きてきてくれた父。赤ワインを二人で飲んで「美味しいねぇ」と目を細めたのでした。
こんな遅くまで起きていられてワインが飲みたいって!今が一番体調が悪いだけで、これからどんどん元気になって一緒に旅行行けるだろうなと呑気に思っていた自分も含め、ほっこりする1シーン。

こういう記憶があっても寂しいのに、戦争でお別れしたらどんな気持ちになってしまうのか・・・。
どうか戦争などで亡くなる方がいなくなりますように。今月は平和を祈る月でもありました。
誰もが安心して過ごせるように。2度と原爆やミサイルなどが使われないように。

少しづつ キモノガタリ

暑いですね。今年はバテそうだなぁと心が折れそうになっていたら、地元の農家さんより大きなスイカをいただき一気に元気になりました!
みなさんいかがお過ごしでしょうか?

さて表題の件、母方の祖母の着ていた着物が何点か手元にあります。
普段着で、シミや穴があり着物としては着れないのに手放さなかったもの。「座布団にしたい」と母より聞いていたのですが、街のミシン屋さんではお値段が高く、どうしようかなぁ。。。と躊躇して何年も経っていました。

今年、和綿の種が欲しいという友人が種と交換で縫い物ができると言ってくれました。着物のリメイクをお願いすることは難しいです。着物を解いて、柄や質感を活かして格好良くするにはセンスと経験、技術が必要です。「格好いい」も千差万別。
お願いする方も、イメージを絵に書いたり、実物を見せてこんな風にと頭にあるイメージを伝える技術と経験が必要になります。できてきたものを見て伝えることができたのか、それともそうでなかったのか?そこで初めてわかる。それも楽しみです。

今回は近況を交え、作り手がオーダーを理解しその通りに作るということも大切だけど、オーダーする方は作り手さんがどのような作風なのかを知り、どうやって説明すれば自分のイメージが伝わるのか、経験を重ねることも大事という話をして、お互いの思いを理解する時間が取れました。
暑い中、重い着物を担いで遠くから電車に乗ってきてくれた友人。母が「おばあちゃんが着ていたことを思い出す」と嬉しそうに座布団を撫でている姿。
母が元気なうちにリメイクしてもらえてよかった。大雑把なオーダーから色々聞いてイメージを引き寄せ、作ることを引き受けてくれた友人に感謝です。

友人は洋服やバッグなどの小物を作ってます。一番びっくりしたのは帯をルームシューズにアップサイクルしていること。すごく素敵です。

「キモノガタリ」では、着物がこんなものになったらいいなぁという漠然とした思いをどなたかに形にしていただく。という方法で進めています。私が作ることが不得意で好きでもないということが一番の原因ですが、そのおかげで(?)他人の手をお借りすることが必要になります。説明して共感していただく、形を思い描いていただくことが大事になってきます。めちゃくちゃ苦手なことで少しづつしか進んでいかないのですが、経験を重ねていくことで何か形になりものを大事にすることで得られる幸せを諦めずにいきます。

<8月のヨガクラス>
リアル 茅ヶ崎:毎週火曜日11−12時,    14日(日) 17-18時  
ズームは個人クラスのみとなっています。
*ご希望の方は相談可能です。

説明するのに書いた絵

あつすぎるんば

7月に入りましたが外気温が35〜6度!体温と同じという暑さ
参議院選挙が目前、ウクライナでは戦争が続いています。
皆様いかがお過ごしでしょうか?

先月は梅雨入りして体も水っぽくなり重たく感じたので、身体の中の流れをよくする動きを意識的に取り入れた1ヶ月でした。
車の移動が多くなって人と接する機会も少なくなり油断していたのですが、ある日、信号待ちしている時に隣に停まった車の中から「何あの顎の下のシワシワ〜!」と声をかけられました。車ごしに皺が見えるなんて・・・と衝撃!
さらに「ノーメイクで出かけちゃうの?」とも。なんでそこからノーメイクだとわかるのか・・・・と笑うしかないというか・・・。

『人に見られている!!』と急に思いました。
ヨガの講師をしながらそこまで見た目を気にせずに来てしまったことを猛烈に反省し、首のシワをなくすべく体操を検索しました!そして現在3つの動きを継続中。そして少しだけですが、外出する時は他人の目があることを意識するようになりました。
ヨガクラスの際には見た目は気にしないでくださいと伝えていましたが、今後はどのように声かけしていこうか思案中です。少しは他人が見ていることも意識できたら良いと思いました。

和綿栽培は順調で、先月からの雑草とりが功を奏していますが、和綿部分以外は雑草が青々と広がっています。

地主さんより了承もらえたら耕運機で雑草部分をうなりたいと思ってます。雑草の勢いがすごくてこのエネルギーをどうにかうまく活用できたらいいのになぁと思ってます。雑草の活かし方などアドバイスがあったらぜひくださいっ

さてさて今月は暑さが本番となり、冷たいものをこれまで以上に食べる季節になります。なるべく内臓を温めていけるようお腹周りのエクササイズや呼吸を意識して取り入れていきたいと思ってます。

7月のヨガクラス

リアル:火曜日11−12時のリアルヨガクラス 茅ヶ崎
    24日14時半〜リアルヨガクラス 座間
ズーム : 個人クラスのみとなっています。

日々のこと

5月は「和綿」と「ひまわり」の種を植えました。
両方とも順調に双葉が出てきています。
畑はできる日に30分と決めて雑草かきをしています。

2021年は“種まき範囲が広く雑草取りが追いつかない→和綿がうまく育たない→綿が弾けた時に小さなゴミが沢山混じっていた。”ということがあり、それを踏まえての“種まき範囲は一人でできる広さ→雑草が伸びる前に除去する。”という2022年6月でございます。

久しぶりの鋤を使った動きは腰に負担がかかり、畑仕事の後のカラダのケアが大事になっています。これもヨガの動きと整体の先生から伝授された動きなどを入れつつ、一番良い方法が何かを体感しながら編み出す日々です。

また先月はうまくいかないことが勃発し日々の行いを見直しました。
些細な違和感の放置が積み重なったことが原因だったようです。
今後は些細な違和感を見逃さずに過ごしてみようと思います。
うまくいかなかった時は落ち込みますが、占星術的には大きな星が逆行する期間でいろんなトラブルが起きる時なんだと知人より教えてもらい心の切り替えができました。友人からの一言で物事の見え方がフッと変わる大変興味深い体験でした。さまざまな方法があるのでうまく取り入れて楽しく過ごせるようになりたいと思いました。

見直しの5月が終わり6月になりました。今月は雑草取りに明け暮れることになりそうですが、その間に和綿とひまわりはグングン成長することと思います。私はカラダのケアに邁進していきたいと思います。

6月のヨガクラス
リアル(岡崎慎司フットサルフィールド)毎週火曜日11時〜
*初回フットパークの登録(無料)が必要です。

ズームクラスはクローズドのクラスのみとなります。
ご興味ある方はS N Sのダイレクトメッセージ等でお問い合わせください。

TE-KARA-DA-Net

当サイトを開設して1年が経ちました。綿の栽培は6年目に入りました。今月は和綿の種まきです

6週間前に1回目の耕運、3週間前に2回目
耕運和綿を植える前のスケジュールを、地主さんにお伝えすることができるようになりました!?
5月はそのほかに、庭の松の木の新芽を切ります。去年初めて知ってから楽しくて今年も率先して切りました。刈り取った新芽がいい香りで、何かに使えたらいいなぁと思ってます。それから周りの田んぼもにわかに人が来るようになって何かが始まってます。

今年は新たにメイブ、桜、レモンが追加になり、毎年育てるものが変化しつつの牛歩ですが、知っていることが増えてよしよしその調子と自己満足しています。

カラダはこの頃は水分がうまく調整できてないような気がします。首から上が重く、そして歩くのも面倒。こういう時は「お酒を控えめ&少食が良い」と飲みすぎた翌朝に反省しながら学んでいます。昔ながらの健康法を調べながら自分の体で検証し、知恵をつけていきたいと思います。

「心地よい生活、心地よいカラダ、心地良さとは何か」
自分の食べるもの、着る物、住むところ、言葉、表情、捨てるもの、手放すもの全てが小さな波動となっていくことを意識してできることをコツコツ積んでいけるように。
自分の手で自分の生きることの手綱を握る。今年もどこかにその思いを持ちながら仲間と出会い過ごしていきたいです。

<5月のヨガクラス>
リアル(岡崎慎司フットサルフィールド)
毎週火曜日11時〜 *初回フットパークの登録(無料)が必要です
ズーム  
22日(日)10時〜 *インスタグラムのメッセージよりお申し込みください。

里山のぶどう

あっという間に4月になりました。桜の見頃なのですが雨と曇りでなんとなくグレーな景色です。そんな年もありますよね。

株式会社ショーナン様より赤ワイン用の「メイヴ」という葡萄の苗木を購入しました。
神奈川県藤沢市内で栽培してきたワイン用ブドウ、酒類総合研究所(東広島)のD N A検査により品種が特定できないと判定され、新品種として登録されたそうです。「メイヴ」は耐病性、耐寒性、耐凍性にすぐれ、高温多湿地域での栽培の可能性もあり、現在北海道から沖縄で栽培実験がされてるそうです。

近所の里山でおじいさんがご自分が飲むワインのためにコツコツ栽培してきた山葡萄がいただける!と飛びついて、おじいさんから苗をいただけると参りましたら、綺麗な研究室に通されましてちょっとドギマギしたのでした。
里山のおじいさんはお知り合いのお父様ということもわかり、ご縁がある葡萄だったのも嬉しかったですし、株式会社ショーナンさんでは苗木の購入代金にアドバイス料金も含まれており今後栽培に悩んだ際には相談できるのもありがたいです。そして日本全国で「メイヴ」を実験的に栽培している仲間がいらっしゃるということも興味深く、ワインの可能性?について夢が広がりました。

5本の苗木をいただき、早速地主さんが畑に植えてくれました。もちろん有限会社サンシンさんよりいただいた肥料を一緒に撒きました。
葡萄の苗木は最初は水やりが必要と言われましたが、雨がちょうど良く降ってくれています〜。3年目より収穫できるとのことで来年の収穫が楽しみです。メイヴの栽培されている場所へいくツアーができるそうで、それも楽しみです。

綿もですが各地(全世界)に栽培している仲間(勝手にそう思っている)がいらっしゃるので旅を妄想することも楽しいですし、「一人でやっているのではない!」という心強さもあります。こういう感覚ってなんでしょうかね。

4月から綿を植える準備に入ります。耕運していただき、綿くりした種を撒きます。絶賛綿くりしたい方募集中です!

そしてどうぞ世界中の皆さまが希望通りに過ごせますように。

メイヴ2年目の苗木
アーモンドのお花

3月!!

息も絶え絶えなんて言ったいたらロシアによるウクライナへの軍事侵攻が始まりました。戦地の映像が連日テレビで流れています。息も絶え絶えなんて言葉を軽々しく使ってしまったことをなんとも言えない気持ちで省みてます。

借りている畑は3年目を迎えます。地主さんの梅は満開、桜の樹も端っこが霞がかかったように膨らみ始めています。
1年前に枯れてしまった地主さんのレモンの樹。「もうだめかなぁ」と地主さんが残念そうだったので今年は必ずレモンの苗木をプレゼントしようと思っていました。
1月くらいから狙っていた市場の苗木が3月に入ったら見当たらず、ドキドキしましたが、近所に可愛い苗木を発見。地主さんは大きな穴を掘って待っていてくださいました。二人で土をかけながら今年の計画を相談。このレモンの樹が大きくなったら葉っぱで糸を染めたいなぁと夢見ています。

今月は藤沢でおじいさんが一人でコツコツ育てていた葡萄の苗を譲ってもらいます。おじいさんが自分用に育てていた山葡萄なので種類も不明なんだそうです。どんな葡萄か見もしないで話を聞いただけなのに譲ってもらうことを決めちゃいました。地主さんにお話ししたら顔がパァって明るくなったのでなんか良い予感がしています。

綿は4月に綿くりし、5月に種まきです〜。三鷹の友人より連絡があり今年は綿と藍を育てたいとのこと。昨年の綿の種をお分けすることになりました。少しづつですが綿の輪が拡がっています。

鼻がむず痒く、お酒を飲むと翌日体が膨らんでる気がします!?
皆さま春の体調はいかがでしょうか?冬に溜め込んだあれやこれやをデトックスする春!!苦味のあるものを食べて、体を動かすようにして、いらないものを排出して軽やかに春を迎えましょうね。

平和で幸せで健康な日を世界中の皆さまが過ごすことができますように。

<記録として地主さんに植えていただいたもの2022年>
1月18日ヤマザクラ 3月9日レモン

ヤマザクラ
レモン

息もたえだえの先に

連日冬の北京オリンピックの様子をテレビで観ています。

こんな高く綺麗に飛べるんだ、こんな角度で滑れるんだ、人間の無限の力を見せつけられて驚きの連続です。同じように生きている人がこのような技を生み出している日々の努力と鍛錬とはどんなものだったんだろうか・・・・・。
わたしはといえば自分のことだけでいっぱいいっぱいです。社会生活の中でたくさんの手続きがあるし洗濯やご飯作り食器洗いそんな毎日の一つ一つをこなしているだけで時間が経ってしまってます。けれど、これがさっとできるようになったら見える世界がある気がしています。
今は知らないことだらけで一つ一つ調べて教えてもらってやりなおしてと時間がかかっているけどそのうちふふんって鼻歌混じりにできるようになるに違いない。
あんなに高く綺麗に飛べるようになるんだし、あんなに早く滑れるようになるんだ。きっとそうに違いない。日々積み重ねて頭を使っていけばいつか・・・。とオリンピックの選手たちの姿から勝手に考えています。

綿のことも、着物のことカラダのことも、その時にしなくちゃいけない必要最低限のことしかできなかったこの2年間。今年はプラス◯◯、カケル◯◯ができるように。日々こなしていきたい。全ては繋がっている。

そしてできる限り人に優しくいたいと強く願うオリンピックでもありました。

一生懸命頑張る人にかける言葉、態度、いろんな状況があり、先方と自分での見解が違っていることもあるだろうけれど、そのようなものもできる限り理解して大事に扱っていけるようになりたいと思いました。